不倫を続けたい人

【ダブル不倫の悩み】別れて後悔…連絡をとって復縁したい

更新日:

後悔しているダブル不倫相手との復縁

別れるつもりじゃなかったのに、勢いで別れて後悔している。
できれば復縁したい。
復縁できなくても謝りたい。

そんな復縁したい人のために、復縁の可能性を上げる方法と冷却期間をまとめました。
あと、本当にあなたにとって復縁が幸せかどうか、考えるきっかけになればと思います。

ダブル不倫での別れ方がどうだったか振り返る

お付き合いが始まると、気持ちに変化が現れます。
相手への気持ちがどのように変化していくかは、さまざま。

「生活や環境が変わり、相手に構う時間やお金が無くなる」
「新鮮味がなくなり、マンネリになる」
「魅力を感じない、興味がなくなる」
「不倫がばれないうちに別れよう」
気持ちが沈静化していく場合もあります。

「相手の全てが愛しい、愛している」
「自分のものにしたい」
「不倫相手の気持ちが分からなくて不安」
ダブル不倫と言う社会的に許されない状況にも関わらず、相手を所有したいのに出来ない。
相手への気持ちが盛り上がりすぎて、不安になる場合もあります。

一方の気持ちが大きくなり過ぎると、相手は負担を感じ、
また、一方の気持ちがクールダウンすると、相手はその雰囲気を察知して不安になります。

互いに歩み寄れればいいですが、会えなければ確認のしようがありません。
夫婦関係でもないので難しいですね。

あなたはどういった形で別れを選んだのでしょうか?

自然消滅の場合

 

大なり小なり別れに揉め事はつきもの。
揉めたくない場合、自然消滅で別れます。

別れ話になると泣いたり喧嘩したり、体力が必要です。
折り合いがつかなければストレスは大きいです。

「相手を傷つけたくないから」という理由で自然消滅を選ぶ場合もありますが、
「わざわざ別れることを確認するするまでもない」
「疲れる面倒な関係だからそっと解消したい」と相手は思っている可能性もあります。

自然消滅になる前兆も何かしらあったのではないでしょうか?

  • 頻繁に連絡を取り合わない。
  • 返信が遅くなった。
  • 忙しさを理由にすることが多い。
  • 態度がそっけない。
  • 近況報告がない。
  • 会っても楽しそうでない。

LINEで毎日連絡をとっていた場合であれば、2日連絡がなければ心配して連絡を入れていたはずです。
それが出来ないということは、あなたのプライドが邪魔しているか、相手からの別れのサインを受け取っているのです。

自然消滅と感じる期間は人それぞれですが、以下のような場合は自然消滅だと認定されると思います。

  • 別れる前は毎日連絡をとっていた。
  • 事前に別れの兆候を感じていた。
  • 連絡を取り合わない期間が2週間以上。

あなたから別れを告げて別れた場合

あなたから不倫相手に別れを告げた場合。
あらかじめ、別れたいそぶりは見せていましたか?
見せていない場合、相手は急な別れ話に驚いたのではと想像します。

相手は考え直してほしい、と縋ってきましたか?
それとも、怒っていましたか?
すんなり受け入れてくれましたか?

最終的に受け入れてくれた場合、ダブル不倫相手は「あなたのことが大事だと思っている」「意志を尊重する」という可能性があります。

別れたいそぶりは見せておらず唐突な出来事が別れ話のキッカケであった。
あなたの性格が「激情家」と知っており、別れ話の際、相手が納得してない様子であった場合は、あなたが冷静になるのを待っている可能性があります。

ダブル不倫相手から別れを告げられて別れた場合

ダブル不倫相手から別れを告げられた場合。
あらかじめ、別れたそうなそぶりは見せていましたか?

納得できる内容でしたか?
勢いで言っている様子ではなかったですか?

勢いで言っていた様子であれば、相手は後悔している可能性があります。
連絡を待ちましょう。

あらかじめ別れたそうなそぶりがありつつ、勢いではない別れ方であった場合は、
相手はあなたのことを冷静に考えた上で
「もう連絡をとってこないで欲しい」
「ダブル不倫を解消したい」と思っているので、復縁の可能性は低いと思います。

ダブル不倫相手に謝りたいことがある

別れを切り出されたり、自然消滅すると当然いままでのように相手とは連絡が取れません。
悲しいですね。

後悔が残るあなたは、いままでの事を振り返って反省します。
そして、不倫相手に思い直して貰うために謝りたくなる。

「あの時は私が悪かったです」
「わがままばかり言ってごめんなさい」
「こうすれば良かった」

別れたばかりだと、ムシが良すぎる気がして
「今まで通りの関係じゃなくてもいいから、普通に話したい」
「こんなことがあったね、幸せだったよ。感謝を伝えたいだけなんだ。」
そんな風に連絡をするかもしれません。

要するに、何らかの形で連絡をとって、それをきっかけに寄りを戻せないかと目論んでいるのです。

でも、それ。
あなたの勝手かもしれませんよ。

あなたの反省も感謝も伝えるタイミングによっては、迷惑としか受け取ってもらえません。
余計に復縁が難しくなる場合があります。

ダブル不倫相手の行動を見てみましょう

ダブル不倫相手からアクションがあれば復縁の可能性はある

  • 近況報告や特に内容のない電話やLINE、メッセージやメールがあった
  • SNSでいいねを付けてくる

本当に嫌われているのであれば、こういった行為はしません。
相手はあなたとの「きっかけ作り」のために行っている可能性があります。

ダブル不倫相手からアクションが無い場合

電話やLINEやSNSでアクションが無い場合、
相手はあなたとの交際について、「別れることができて良かった」と気持ちの整理を行ったか、
「本当に別れて良かったのだろうか?」と気持ちを整理している最中でしょう。

SNSで繋がっている場合は、更新状況と内容を覗いてみましょう。

頻繁に更新している様子であれば、無理やり気分を持ち上げようとしていたり、あなたのことを忘れようとしている可能性があります。

特定の異性と2人きりでいる投稿が頻繁にあれば、復縁は難しいかもしれません。

あなたが待てるようであれば、1ヶ月待ちましょう

まだ整理中の時に、あなたの気持ちを押し付けると、拒否反応を示すことがあります。
無理やり復縁したところで「流されて復縁してしまった…」と、相手にもやもやとした不満が残ります。

相手からの連絡は、どれくらい待てばいいのでしょうか?

待つ期間は、「最後に連絡をとってから1ヶ月程度」が目安です。

この1ヶ月という期間には理由があります。

基本的に私たちの脳は、いままでの生活で構築された思考パターンを繰り返そうとします。

「今まで生きてこれたから安全で正しい。
変化することは、不安、危険。」
そう判断しています。

あなたが不倫相手の日常から消えたことにより、不倫相手は考えます。
この期間中に、相手の中では方向性が見えてきます。
そして大体1カ月程度で、その方向性用に脳の思考パターンが切り替わっていくのです。

方向性が見えたであろうタイミングで連絡がなければ、あなたから連絡しても大丈夫です。
ただし、相手がどういう結論を出したかは分かりません。

「一人ぼっちで寂しい。元鞘に戻って安心したい」であれば、
復縁の可能性はあります。

「やっと面倒なのが離れてくれた」であれば、
復縁の可能性はないでしょう。

どんな結果なのか、怖いかもしれませんが確認するしかありません。
「連絡したら着信拒否だった」
「LINEで連絡したら3日も未読のまま…ブロックされている?」
「相手のSNSが見れない…非公開にされてる」
という場合もあるので覚悟しましょう。

1カ月以上 連絡をとらないでいると、あなたがいない日常が「正しい」とインプットされます。
こうなると復縁を願っても出来ない可能性が高まってくるので、参考にしてください。

まとめ

あなたがそこまで後悔し、「ダブル不倫相手と復縁したい」と願うのであれば、1ヶ月相手のアクションを待ちましょう。
アクションがなければ潔く諦めるべきです。

そんなに悩んでまで復縁したい理由って何でしょうか?

「不倫はバレたらいけないこと」と言うことも分かっているあなた。

なのに、別れたことに対して、激しく後悔している。
悩んで何も手につかない。

ダブル不倫の本当の原因を考えたことがありますか?

ダブル不倫を続けたいという思い。そして原因。

あなた自身が、なにかに不安を感じているからではないでしょうか。

家で不満があったり
趣味がなかったり
ストレスが多い
友人がいなかったり
眠れない
自分に自信がなかったり…
不安の正体がはっきり分からない場合もあります。
いつももやもやした不安がある。

身体を求めてくれる不倫相手で不安を解消しているんですよね。

それは「愛」ではありませんよ。
ダブル不倫で居心地がいいのは一瞬だけです。

「本当に相手を愛している」
それなら、お互いに離婚して清算して一緒になっているはず。
覚悟がないから、相手を信用できないから、別れたのでしょう。

あなたが復縁を考えて、自分に都合よく解釈して、連絡をとって、
相手にその気が無いと知れば更に傷つきます。
なんてつまらない人間なんだろう、と空しくなります。

復縁したところで、ダブル不倫するような人間は繰り返します。
相手も人間。
一度別れを決意した相手をまた元の通り信用することは少ないです。

今までは大事な不倫相手だったかもしれませんが、
セフレ以下の「面倒くさいけどなにかと都合のいい女」扱いになります。

夜明け前が一番暗い…「ご機嫌な自分」を自分で作りましょう

何もかもうまく行かない。
ダブル不倫相手でしか満たされないと思っている。

そんな脳の思考パターンを変える必要があるのは「あなた」です。

どんな恋愛でも出会いでも、別れは辛いもの。
一度別れを受け入れたのなら、追いかけるのは辞めましょう。
本当は分かっているはずなのに、追いかけ続けるのはみっともないし、無駄です。

ダブル不倫相手がくれたものに感謝だけして
この別れもなにかの縁だと思って受け入れましょう。

あなたは自分の不安に気が付いただけでも「儲けもん」。

不安に感じることを解消すれば、もっと楽しくて気持ちいい自分でいられます。
自分で「ご機嫌な自分」を作るのです。

今は辛くて後悔ばかりしていても、大丈夫。
「夜明け前が一番暗い」という西洋のことわざがあります。

苦難や悩みは、終わりかけの時期が最も苦しい。
その苦しみを乗り越えれば、事態が好転する。
そんな意味で使われます。

復縁を願う気持ちをきっかけに生まれた苦しみ。
もう少しだけ、あなたのために毎日をポジティブに捉えて過ごしてみましょう。

 

-不倫を続けたい人

Copyright© サレシタ必見【ダブル不倫やめたい・やめさせたい】総合サイト , 2018 All Rights Reserved.